2015-10-10

中之島哲学コレージュ『ウラオモテヤマネコ』

中之島哲学コレージュ「絵本で死について考えるシリーズ」のご案内です。

今回は『さいごのぞう』の作者の井上奈奈さんと一緒に、新作の『ウラオモテヤマネコ』を読みます。初めて作者の方とご一緒することになりますが、進行役(空堀哲学caféの進行役と同一人物)いわく「することはいつもと同じ」だとか。絵本を読み、それぞれがそれぞれに考えたことを語り聞くスタイルになるということでしょう。

中之島哲学コレージュは予約不要、キャパシティも空堀哲学caféよりはるかに大きいです。途中参加・退場は自由なので、「哲学カフェに行ってみたいけれど・・・」という方はまずこちらで雰囲気を感じてみてはいかがでしょう。

------------

中之島哲学コレージュ『ウラオモテヤマネコ』
今はこちらにいて、あちらにいない。今はあちらにいて、こちらにいない。私たちがいるこちら、私たちがいないあちら。表は裏があっての表、裏は表があっての裏。なら、この私たちは私たち自身のオモテ?それともウラ?「まぁ裏の世界からみれば 裏が表で表は裏なのだけれど」。二つの世界を行きつ戻りつ、絵本『ウラオモテヤマネコ』を読んで一緒に考えてみましょう。
ゲスト:井上奈奈(作家・画家、『ウラオモテヤマネコ』作者)
進行役:青木健太(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程)
とき:11月3日(火)19:00~21:00
ところ:アートエリアB1(京阪電車なにわ橋駅地下1Fコンコース
定員:50名(予約不要、先着順、入退場自由)
主催:大阪大学CSCD/アートエリアB1
共催:カフェフィロ


スポンサーサイト

tag : 中之島哲学コレージュ 案内

プロフィール

のら

Author:のら
猫鳴堂の堂守猫(雑種)。青い。

空堀哲学café
・日時:
 毎月第四日曜日
 16:00~18:00
・場所:
 道勝café
 大阪市中央区谷町6-4-20


最新記事
カテゴリ
記事一覧

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
ご予約・お問い合わせ

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
QRコード
QR